2017年2月25日

2月25日、クルタが虹の橋を渡りました。

d0044755_21201556.jpg


暖かい日でしたので、クルタを抱っこして、私の実家まで歩いてお散歩しました。
私の父がいて、クルタをなでなでしたり、お水を飲ませたりしました。
帰りも、抱っこしながらのんびり歩いて、クルタをいつもねんねんしている長座布団に寝かせたとき、クルタが息をしていないと気付き、慌ててクルタ父と私の父を呼びました。

そんな静かで穏やかな最期でした。
最期の瞬間を悟らせないで旅立ってしまうなんて、クルタはやっぱりすごいオトコだねえと親ばかな私は思います。

食欲がかなり落ちていたクルタがその日は、プリンを珍しく1個全部食べて、さらに私が作ったりんごゼリーも少し食べたりして、食欲が戻ってきたのかなあと安心していたのでした。
でも、最期を迎える子は急に食べるようになると後から聞いて、そういうものだったのかなあと思ったりして。

火葬は2月28日だったのですが、それまでの間ずっと晴れが続いていて、クルタは何だかんだで晴れ男だったなあとふと思ったりして。

去年の夏から寝たきりで、しっこも自分では出来なくなり、本当に不自由な生活を送っていたので、旅立った直後は、ようやく自由になったんだなあと少しホッとしたりもしましたが、時間が経つと、もう抱っこできないんだなあとすごく悲しい寂しい気持ちになりました。

クルタは私にとって初めてのわんこだったので、色々至らないところだらけのカイヌシでしたが、クルタがいてくれたおかげで、私は本当に幸せでした。

今頃は、先に虹の橋を渡った、たくさんのお友達と元気に走り回っていることでしょう。
そう思うと、とても嬉しくなります。

クルタの最期の姿です。
たまが寄り添ってねんねんしているのがなんとも言えず。












d0044755_21202720.jpg

d0044755_21203631.jpg

[PR]

by kuruta96 | 2017-03-25 21:21 | クルタ | Comments(4)

Commented at 2017-03-28 23:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kuruta96 at 2017-03-29 21:06
くるたくん大好きさん

ありがとうございます。
クルタ、最期は苦しまずに穏やかに旅立ちました。
これ以上ない、いい旅立ちだったと思います。
なので、眠っているような安らかな顔でした。

クルタのことをずっと見守ってくださってありがとうございます。
クルタも感謝していると思います。
クルタは本当にいい子でした。
若い頃はならしたもので、お友達わんこともガウガウしたりして、大変なときもありましたが、たまが来てからは、丸くなって、いいおじさん、いいおじいちゃんになって、穏やかに過ごしておりました。
これからは自由な体で好きなだけ走り回って暮らして欲しいです。

本当にありがとうございました。




Commented at 2017-04-02 00:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kuruta96 at 2017-04-02 11:11
あっぷるさん

ありがとうございます。
クルタ、ずいぶんがんばってくれました。
なので、最期は穏やかに旅立ってくれたんだと思います。
小太郎くんもがんばってることと思います。
あっぷるさんも大変だと思います。
でも、クルタのお世話をしていた時間がとてもかけがえのないものだったと今は思います。
きっとあっぷるさんも小太郎くんもそうだろうなあと思います。

小太郎くん波留くんとガウガウしていた頃が懐かしいですね。
小太郎くんの時間がゆっくり穏やかに流れますように。

ありがとうございました。